健康体を作るためにどうすればいいのか学んで実行して

脂肪肝の特徴

脂肪肝の状態と原因とは

脂肪肝とは、文字通り肝臓に中性脂肪がついた状態のことをいいます。 現代の食生活は欧米化が進んでいます。そのため、高カロリー高タンパクの食事が多くなってきています。そうなると、普通どおりの食事や生活をしていても、肝臓に脂肪が付きやすい状態になってしまいます。 また、大量に飲酒することも原因の一つといわれています。飲酒しないのに脂肪肝になる場合は、栄養過多だといってよいでしょう。 アルコールが原因の脂肪肝はアルコール性脂肪肝、そうでない場合は非アルコール性脂肪肝といわれています。 脂肪肝の傾向として、男性のほうが多いという統計があります。しかし、高齢になると女性も増加傾向にあります。これは、閉経前では皮下脂肪がつきやすく、閉経後では内臓脂肪がつきやすくなることが関係しているようです。

脂肪についた中性脂肪をおとすためには

脂肪肝は症状がないことが多いので、病院などの検査で初めて見つかることが多いです。そのため、定期健診などは重要になります。 非アルコール性の脂肪肝の治療ですが、病気の進行も認めないので、特別な治療の必要はありません。これは、内臓脂肪が蓄積する生活習慣病の一つといえます。 薬などを使用する治療よりは、食事や運動などで生活を変えることが必要でしょう。 高カロリーの食事からバランスのとれた低カロリーの食事に変えていきます。なるべく動物性脂肪を減らし、青魚などを摂取するようにしたほうが良いです。DHAはサプリメントでも摂取可能ですので、上手に取り入れましょう。また、食事だけでなく、有酸素運動を継続することも必要です。 このように、生活習慣を変えることで肝臓についている脂肪をおとすことが出来ます。

糖尿病の改善

糖尿病は世界中で問題になっている危険な病気です。糖尿病の患者は国内で700万人以上いるのですが、のどの乾きや尿の量が増えた時は糖尿病の可能性があるので気をつけましょう。

食生活に注意

コンビニやファミリーレストランが多い日本は自分の好きな時間や場所で食事を食べることができるようになります。しかし野菜不足になると生活習慣病になる危険性があるので気をつけましょう。

カフェインの特徴

コーヒーや紅茶に多く含まれているカフェインは血管を収縮させ、体を冷やしてしまう飲み物として有名になっています。冷え性の人はカフェインではなく、体を温めるルイボスティーなどを飲むようにしましょう。

オススメリンク

  • 糖尿病講座 流れて良くなる.com

    血糖値の基準値を知っていますか?糖尿病を予防するためにも、普段の食生活を見直してみることが必要ですよ。